MESSAGE

【当面の支援先について】
胆振東部地震で被害に遭われた皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

 2018年9月6日未明に発生した北海道胆振東部地震から約半月、未だに厚真町を中心とした余震が続いています。
今回の地震で被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
特に被害の大きかった厚真町は、ハスカップの栽培面積日本一を誇ります。
今回の地震により、農地が山崩れの土砂で埋まってしまい、来年以降の収穫に影響が出ることが非常に心配されています。
これからは、埋まってしまった農地を整備してハスカップの苗木を植え直す作業が必要になってきます。
そこで「僕らの街から」では、ハスカップ日本一の産地の復興を願い、厚真町のハスカップ農園「山口農園」さんを当面の支援先としました。
「僕らの街から基金」への募金、そしてグッズの売上がハスカップの苗木となります。
ぜひ皆さんの力を貸してください。 ご協力宜しくお願いいたします。
2018年9月24日
僕らの街から実行委員会

熊本地震で被害に遭われた皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

 熊本地震で被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
被災された皆様の安全と、被災地の1日も早い復興をお祈りいたします。
「僕らの街から」でも熊本地震で被災された方々へ、今、出来ることを形にしていきたいと思います。
引き続き、変わらぬご支援を宜しくお願いいたします。
2016年4月27日
僕らの街から実行委員会

東日本大震災から4年を迎えて

 あの震災から4年が経ちました。あなたにとって、どんな4年だったでしょうか?
震災直後には『自粛』という空気が世の中に流れ、1人1人が『何ができるのか?』と真剣に向き合いました。
しかし月日が流れ、今では『風化』という空気が世の中に流れています。

 確かに私たちにも日々の暮らしがありますし、被災地の皆さんも一歩ずつ前を向いて歩き始めているかもしれません。でも4年が経っても、仮設住宅で暮らしている方が約8万人、故郷を離れて避難している方が約23万人います。これも現実なのです。
『今の私たちに何ができるのか?』…。

 実はそれは難しく考えるのではなく、毎日じゃなくてもいいから、折に触れて被災地のことを思い、震災のことを忘れないことだと思ってます。
『僕らの街に』その思いを共有できる場所を作り続けて行きます!
音楽を愛する皆さんと一緒に、僕らの街から思いを届けて行けたら幸いです。

これからも音楽でひとつになって行きましょう!
2015年3月11日
僕らの街から実行委員会